curry


あんなカレーやあんなカレーもつくりたい。


なに丼?


遅くに帰宅し、夕飯を食べてない空腹のカレに作ったどんぶりが作ってる段階で間違いなく美味しい!と思ったので、夕飯は先に済ましていたぼくも小さいどんぶりにして一緒に晩御飯、というかぼくはがっつりな夜食。


作り置きしていた空心菜の炒め物と、つるむらさきの炒め物に豚バラを舞茸と一緒に炒め、ナンプラーと砂糖で味付けしたものをのせて、半熟卵、いろんなスパイスの入った辣油を回しかけ、いりごまをふりふり。

まぜまぜして食べると、和とエスニックと中華が見事なハーモニーを口の中で奏でた。

とても好きなやつだった。


食後、カレが「これはなに丼?」と聞いてきたけど、「わからん」と答えた。

今考えてもなに丼と言っていいのかはわからない。

でも、にんにくたくさん入ってるし、空心菜と豚バラにはビタミンBが豊富だから疲労回復にピッタリなスタミナ丼と言えるのかもね。


可哀想


あの人は可哀想な人なんだ

そう思うようにしたらこの苛立ちもおさまるのかな


初夏の楽しみ


夫婦で北海道へ移住し農業をしている知人がいて、

今年も北海道の大地で育った立派なアスパラガスが届く幸せ。



flower 花やぎ


花、というものはぼくらの暮らしに、心に、余裕を持たせてくれる。


strawberry jam


塩さばの南蛮漬け

 

塩さばの南蛮漬け


circle of love / eat LOVE・day5


eat LOVE day5


6月11日 月曜日

小雨の降る夕方。

今日はちょっとイレギュラーなeat LOVE。


今夜は同じ敷地内にある大家さん宅で夕飯。

大家さんはぼくと性質が似ていているとこが多く、とても"気"が合う。

気にかかること、考えることが同じだったり、同じタイミングでメールをしたり。

庭の大木を自分達で伐っていた頃、代わる代わる木に登り伸びた枝をバシバシ伐り落としては阿吽の呼吸でキャッチしていた。自分が二人いるみたいって思った。

不思議な繋がり。

そんな大家さんとは分担してそれぞれおかずを作っては、持ち寄りの夕飯会をちょくちょくしている。


カレの誕生日が数日前にあり、この日はケーキを買ってくるからね!と大家さんから前もっての宣言。

声をかけて、ぼくら、よしみさん、大家さんの4人での夕飯。

そんな非日常のように思える"日常"のことによしみさんも加わることに。


ご飯を食べ進めると、ぼくらが大家さんと築いてきたマルと、よしみさんと育んできたマルがふにゃふにゃと形を変え大きなマルになった気がした。

ここにいるみんな血の繋がりはないし、10年以上寝食を共に過ごしているカレとも血の繋がりはない。でも年齢とか性別とかそんなんじゃないニュー家族のような食卓だった。

この土地の持つパワーもきっとあると改めて感じた。


食後、大きいのが売り切れてて、と申し訳なさそうに出してきたものは十分立派で、お皿に取り分ける度に倒れそうになったり、パタパタと倒れたそれに何かおかしくてたくさん笑った。



circle of love

愛を食べ愛が4人を巡る。


今夜は前に作ってみて美味しかった塩さばの南蛮漬けと、ブータン料理屋で食べた花椒が効いたサラダを再現。

母が送ってきてくれた干し椎茸と切り干し大根で煮物と、前の日に作った人参のマリネ。

あと芽ひじきと生姜をたっぷり入れた炊き込みご飯。

ちょっと献立にまとまりがなかったかな。



塩さばの南蛮漬け

ブータンのサラダ(ホゲ)

切り干し大根の煮物

人参サラダ(栗原はるみさんのレシピを参考に)

芽ひじきと生姜の炊き込みご飯


ケーキ

コーヒー



eat LOVE

本日もたくさんの愛をありがとう


PHOTO:kikuchi yoshimi





モロヘイヤスープ

 

おかずのスープ

 

地味ごはん モロヘイヤスープ


birthday trip

 

中村キースへリング美術館

 

「Drawing Social Impact キースへリング:社会に生き続けるアート」

 


<< | 2/23PAGES | >>

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
SELECTED ENTRIES
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode