LOVE大盛り / eat LOVE・day7

 

eat LOVE day7

 

7月18日 水曜日

今日という日をすこしのドキドキとワクワクでむかえた。

よしみさんの他にアーバンゲストが二人。よしみさんももちろんアーバンガール。

初めましての味の好みも好き嫌いもわからない人にごはんをふるまうのはいつもドキドキするもの。

 

先に来ていたよしみさんとカレと、二人はいつ来るのかなー、どうやって来るのかねー、車?バイク?なんて調理をしながら話していた。

 

しばらくし、コンコンと玄関の扉を鳴らし、やっぱり瓶だよね、と瓶ビールを持って秀一さんと彼女はやって来た。

駒沢にあるsnow shovelingという本たちの秘密基地のようなすてきな空間にいるその人、つい先日そこで語り合ったその人が、我が家の台所にいる。

なんとも不思議な感覚ではあったけど、なんだかとてもとても嬉しかった。

 

挨拶を済まし二人はリビングへと移動し、ねこタイム。ぼくも一緒にねこトークしたーい!と思ったけど、うちのねこたちの紹介はカレに任せてぼくは調理。

 

この一週間位前に友人宅で夕飯をごちそうになり、そこで食べたレモングラスを使ったものがとても美味しくて、うちでも作りたい!また食べたい!と思ったら彼女はレシピを丁寧に教えてくれた。

後日、アジアンスーパーで目当てのレモングラスを買い、またあれが食べれるのかーなんて想像していた帰りの電車はニヤニヤが止まらなかった。

 

 

今回も大家さんのれいさんも一緒に母屋の居間を借りて6人の食卓。

畳敷きの和室で座布団に座り、2つのテーブルをくっつけたりしたその感じもあってか、少し長く茹ですぎてふくらんだ鍋いっぱいのジャスミンライスを見て、合宿みたいだね、なんて笑ったりした。

ついついたくさん用意してしまう食いしん坊。万歳。

肝心な再現したかったそれは、肉に下味をし忘れて食卓で塩を慌てて振りかけたり、青唐辛子を入れすぎちゃったりなんかして、本当はもっと美味しいやつなんです、、と心の中で何度も言いながら食べていた。

 

 

そんなぼくの料理をわざわざ食べに来てくれたこと、好きな人たちと食卓を囲めるって奇跡で幸せなことだなーって思ったし、たくさんあったおかずかきれいさっぱりなくなった今日もすごく嬉しくて、逆に何もなくなったお皿には大盛りのLOVEが乗っているように感じた。

 

夜、無事帰宅したとの連絡に、良い夢を、と添えて秀一さんがメッセージをくれた。

起きた瞬間にその夢はふわっと消えて忘れてしまったけど、言葉の通りとても良い夢だったようで気分の良い目覚めだった。

 

とうもろこしとジャガイモのスパイス焼き

トマトのピリ辛ミニトマトマリネ

焼きネギとあさりのバジル酒蒸し

鶏肉とナスの甘辛炒め煮

鶏肉のソテーサンバルマタのせ

ジャスミンライス

 

 

 

 

eat LOVE

本日もたくさんの愛をありがとう

 

 

PHOTO:kikuchi yoshimi