なに丼?


遅くに帰宅し、夕飯を食べてない空腹のカレに作ったどんぶりが作ってる段階で間違いなく美味しい!と思ったので、夕飯は先に済ましていたぼくも小さいどんぶりにして一緒に晩御飯、というかぼくはがっつりな夜食。


作り置きしていた空心菜の炒め物と、つるむらさきの炒め物に豚バラを舞茸と一緒に炒め、ナンプラーと砂糖で味付けしたものをのせて、半熟卵、いろんなスパイスの入った辣油を回しかけ、いりごまをふりふり。

まぜまぜして食べると、和とエスニックと中華が見事なハーモニーを口の中で奏でた。

とても好きなやつだった。


食後、カレが「これはなに丼?」と聞いてきたけど、「わからん」と答えた。

今考えてもなに丼と言っていいのかはわからない。

でも、にんにくたくさん入ってるし、空心菜と豚バラにはビタミンBが豊富だから疲労回復にピッタリなスタミナ丼と言えるのかもね。