ルーツ / eat LOVE・day3

 

eat LOVE・day3

眠たかったからか少し記憶が曖昧。

 

 

5月13日、日曜日

朝にパンが焼けるようにセットした。

携帯のアラームで目覚めた。

台所にある小さな椅子に座ってコーヒーを飲むけど、まだ半分寝ている。夢を見ていた、そんなタイミングだった。

 

今日はぼくが駅までよしみさんを迎えに行った。車のぼくを見るなりちょっと驚いたように見えた。ふふ。今日はぼくです。

 

同じ時期に同じような症状で悩まされていたぼくらだったけど、よしみさんはどっと寝汗をかいた夜があり、その日を境にすっと何かが抜けたように治った、と家までの車中で嬉しそうに話していた。

そんな彼女はとても陽のエネルギーに満ちているように見えた。

いや、彼女のまわりにエネルギーが見えていたのかもしれないな。

 

 

今日はランチ。

ほぼほぼ毎日食べているチーズトーストに、作り置きしていたきのこのマリネを添えたサラダ、パクチーオムレツ。前日に作ったルバーブのジャム。コーヒー。

朝焼きあがったパンはまだほんのり温かく、簡単に潰れそうなくらいふわふわだった。

きのことルバーブは浩平が軽井沢で買ってきたもの。

 

よしみさんと出会ってから、過去の忘れていた記憶を料理というものを通して思い出すようになった。以前よしみさんとのメールのやり取りにもそれは書いた。

調理中、パクチーオムレツの話からぼくがシドニーに留学をしていた時の話をした。

ホストマザーはイギリスで、その旦那さんはギリシャ、娘さんの旦那さんはインドネシア、その後ホストファミリーの家を出てシェアハウスで生活を共にしたのはレバノンとスリランカ。

ぼくの周りにはそんな色んなバックグラウンドの人がいてね、なんて話したら、だから色んな国のテイストが入ってるんだね、とそんなことをよしみさんは言った。

そうかな?なんてその時は思った。

 

料理が大好きなホストマザーで、この家にステイする留学生は確実に太る、と言われていた。ぼくも太った。美味しく太った。

レバノンのルーツを持つ彼女とスリランカのルーツを持つ彼女もまた料理が好きでよく作ってくれては食べさせてくれた。彼女らの友人たちも多様なバックグラウンドを持った人ばかりで、色んなアクセントの英語が飛び交っていた。週末にはよくホームパーティーしてたっけ。

時にはレバノンミュージックがガンガンかかっていて、すぐそこでその音楽に合わせて踊っている人たちもいる、どうぞご自由にお過ごしください的なレストランにも連れて行ってもらった。テーブルに並ぶ未知な食べ物にドキドキワクワクしたのも思い出した。

近所にあったターキッシュピッツアのお店もお気に入りだった。


その時の味は再現できないけど、知らず知らずぼくの中に断片的に蓄積されていて過去のぼくから現在のぼくへ通づるルーツがそこにもあることに気づかせてくれた。

eat LOVEのルーツ。

 

パクチーオムレツも週末のランチによく作ってくれたもの。

 

そんなことを思い出していたら懐かしくなり、しまってあった写真のアルバムを出してきてしばしタイムスリップした夜。

よしみさんのカメラ、シャッターがきられるカシャン、という音がとてもいい音で終始心地よかったな。

 

・ 

ホームベーカリーで焼いたアマ二ロースト入り食パンでチーズトースト

パクチーオムレツ

きのこのマリネを添えたサラダ

ルバーブのジャム

コーヒー

食後に塩レモンを刻んで入れて焼いたパウンドケーキ

 

 

 

eat LOVE

本日もたくさんの愛をありがとう

 


photo.kikuchi yoshimi