野バラ


家がある敷地の裏手を整地した際残しておいた野バラがちょうど咲いているよ、と大家さんに教えてもらった。
とても可憐な花、でも触ろうものなら棘でチクリ。気安く触るのはよして、と言われたよう。
この敷地にはテラス、玄関の所以外コンクリートの部分は一ヶ所もなく全面、土。
竹が多くしっかり根をはってるため何か地植えしようにも耕すには一苦労だけれど、どこもかしこもコンクリートにしてしまう現代に、目の前に土のある暮らしがぼくが住み続ける理由なのかもしれないし、これがぼくの普通の暮らし。