ルーティーン



ここ何年も1日2食の生活。時々3食。(夜食)

3食食べると内臓が常に動いてることになり負担になる、内臓を休ませる時間も必要。みたいなことを何かで読んだ。

からという訳ではなく、ぼくがただ早朝から起きないという理由から、朝昼兼の昼ご飯と夕ご飯の1日。


お昼はずっとパン。

いらないからと譲り受けた新品同様のホームベーカリーで食パンを焼くのが日課になった。

ほぼほぼ同量の材料と水を入れても毎回焼き上がりが違うのが面白い。

あまりにも膨らまず小さいものができると思わず台所で「えーーーっ!」と声を出してしまう。


チーズトースト(正確には、マヨ、チーズ、粗挽き胡椒、ドライバジル)にするのも日課。

でもその日のお腹の空き具合と相談していつものそれにするか、バターとはちみつにするか決める。

前日の残ったおかず、カレー、味付けした茹でササミ 、千切りキャベツ+ちょいソース、それらをまとめ包みあげるチーズの力は偉大。アレンジは無限。


この日は友人がくれたベーグル。

前日カレが食べたパスタのトマトソースにチーズ。

ベーグルだけれども、本来のベーグルの食べ方ではないスタイルで食べちゃうのも日課。

いつも半分ずっこ。