紫蘇ジュース


うちの敷地にはたくさん大きな木があるからか鳥がたくさんやってくる。尾っぽの長い青と白のきれいな鳥。

鳥が運んできたのか、今年は庭のあちらこちらに赤紫蘇が生えていた。

それを摘んで紫蘇シロップを作ったけれど量が少なかったから出来上がりはカップ1杯にも満たない量。

そしたら一昨日彼が野菜の直売所で立派な赤紫蘇を買ってきた。



あれはたしかジャムだったけど、この黒いような深く濃い赤を見て、ある映画のワンシーンをふと思い出した。

I know.


深夜ごはん


再び今宵もライブへと出かけて行った彼。

スーパーへ買い出しに行かなかったから冷蔵庫にあるものとレタスでチャーハン。

にんにく醤油に漬けた大葉とにんにく、青唐辛子も刻んでピリッと。



メシ!


先日ライブへと出かけて行った彼の遅めの夕飯。

何食べたい?の問いに、「お米食べたい。メシ!みたいなライブだった。」と返信。

冷凍しておいたひき肉にホラパーバジルがある!青唐辛子もパプリカも!

これはガパオに決まり。メシ!という言葉にピッタリだったかな。

先に夕飯は済ましていたぼくも小さい丼でね。




curry


あんなカレーやあんなカレーもつくりたい。


なに丼?


遅くに帰宅し、夕飯を食べてない空腹のカレに作ったどんぶりが作ってる段階で間違いなく美味しい!と思ったので、夕飯は先に済ましていたぼくも小さいどんぶりにして一緒に晩御飯、というかぼくはがっつりな夜食。


作り置きしていた空心菜の炒め物と、つるむらさきの炒め物に豚バラを舞茸と一緒に炒め、ナンプラーと砂糖で味付けしたものをのせて、半熟卵、いろんなスパイスの入った辣油を回しかけ、いりごまをふりふり。

まぜまぜして食べると、和とエスニックと中華が見事なハーモニーを口の中で奏でた。

とても好きなやつだった。


食後、カレが「これはなに丼?」と聞いてきたけど、「わからん」と答えた。

今考えてもなに丼と言っていいのかはわからない。

でも、にんにくたくさん入ってるし、空心菜と豚バラにはビタミンBが豊富だから疲労回復にピッタリなスタミナ丼と言えるのかもね。


初夏の楽しみ


夫婦で北海道へ移住し農業をしている知人がいて、

今年も北海道の大地で育った立派なアスパラガスが届く幸せ。



strawberry jam


塩さばの南蛮漬け

 

塩さばの南蛮漬け


モロヘイヤスープ

 

おかずのスープ

 

地味ごはん モロヘイヤスープ


ささみフライ


大葉とチーズを包んでジュワっととろりと


| 1/4PAGES | >>